2005年12月27日

ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS「選ばれた未来」

 亭主の予想を裏切ってこの「選ばれた未来」はなかなか内容の濃いものになったと思います、アフターストーリー以外は。本作は最終回をリメイクしそのアフターストーリーを加えたものですが、この最終回を18時台に放映すればよかったのではないでしょうか?いきなり議長が敵役に抜擢され、それをただキラとアスラン組が圧倒的力でねじ伏せる、アフターストーリーもなくメサイアを破壊しておしまい。放映中の最終回はあまりにもひどいものだったのでなおさらそう感じました。種運命って全体的に戦闘が少なかったからねぇ、ラスト2週間でこれをやればまだまともに終われたんじゃないかと思います。

 最終回の結論自体に変化はありませんでしたが、追加された戦闘シーン、放映されなかった裏話や変更、新しい戦闘シーンが満載でした。
・変更点→レクイエムを落とした後、アスランがメサイアに入ってきた。
 キラはいつの間にか議長のいる部屋にたどり着いていたけどアスランはザフトの兵士との戦闘を交えて議長の部屋にたどり着きました。さすが肉弾戦の鬼アスラン・ザラ、銃を撃たないキラとは違ってそのシーンには臨場感があってよかったです。まあキラと議長が対峙する場所にたどり着いたものの、レイや議長・タリアと話すこともなく、肝心のところで銃を使わない。何のために議長のところに着たのかよくわからなかったけど(;´Д`)

・OPが「ヴェスティージ」の件について
 なんか、放映中より気合の入っているOPだったんじゃ・・・('A`)まあ使いまわしは多かったけど・・・。深夜帯ならあの画でも問題ないですね_| ̄|○

・裏話→ディアッカとヒルダ被弾していた。
 しかし死ななくてよかったよ、グゥレイト_| ̄|○「死ぬ死ぬ」と本編で言われ続けてもなんとか生き残ったディアッカ。最後、プラントとオーブの終戦協定で仲介を果たしたラクスがプラントに戻る時イザークはそのおつきの人という超大役をまかされるもディアッカは・・・、いない_| ̄|○まさかまたも「裏切り」で軍法会議にかけられてたんじゃ・・・_| ̄|○

・アフターストーリー
 オーブの慰霊碑を訪ねるシン一行。そこにキラとラクスが現れアスランはシンにキラを紹介。「花を吹き飛ばされたらまた僕達が植える。一緒に戦おう」結局おばかなシンちゃんが今度はキラに洗脳されて終了。



・・・進歩がないぞシン_| ̄|○
posted by しゃーきーどーぐ at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 本日の種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何故シンとキラが和解したのか分からん。
「ヴェスティージ」のOPは良かったけど・・・
Posted by インドア☆ライダー at 2005年12月26日 23:50
おそらくDESTINYでキラ組がザフト軍に圧倒的勝利してしまったためでしょう。
いくらなんでもあれだけの機体でメサイアとレクイエムを落としたのには無理があるというものです。

それで、続編はシン組を加えてやや多くなったキラ組が敵を倒す。完璧じゃないか!
Posted by しゃーきーどーぐ at 2005年12月27日 08:51
とりあえず俺は声を大にして言いたい。

キ ラ と ラ ク ス く っ 付 き 過 ぎ ! ! !

どうみてもヤりすぎです。
本当にありがとうございました。
Posted by JUN at 2005年12月27日 19:07
JUNさん、怒らないで下さい。
俺だって

ラ ク ス と キ ラ の リ ボ ン ぐ る ぐ る な ん か 要 ら な い

と叫びたい(;´Д`)
Posted by しゃーきーどーぐ at 2005年12月28日 09:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11062115

この記事へのトラックバック

ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS??選ばれた未来??
Excerpt: 楽しみにしてたんだよ・・・(´Д⊂グスン 動くアスランが見れるってさ・・・(´Д⊂ぅぇww だけどこんなにすごいとは思わなかったよ・・・○| ̄|_ さぁ、ぶっちゃけ適当感想ですが逝っときますか..
Weblog: LIV-徒然なるままに
Tracked: 2005-12-26 22:17

GUNDAM SEED DESTINY-FINAL PLUS-(1)
Excerpt: 見ました。 感想が、すごい長くなったので、まずはOPだけでも……。
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-01-04 16:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。