2006年01月06日

自治医大で術前検査

 今日はセールの戦利品紹介を一時中断して、自治医大、扁桃腺のお話です。

 ついに2006年になり亭主の入院が近づいてまいりました。そこで手術をしても問題ないかの検査に今日は行ってきたんですね。正月明けでこんでいると思ったらいつもよりも空いている感じがしました、道も順調で自宅-自治医大間のベストタイムをたたき出す始末(;´Д`)まだまだ正月気分が皆さん抜けていないのでしょうか?
 検査した項目は採血・採尿・レントゲン・心電図・スパイログラフィー(肺活量)です。この中で亭主が最も危惧していたのは採尿。その場で「採尿してください!」と言われてしっかり出すことが出来るかとても心配でした。そのため2日前から尿意をもよおさなくてもトイレに行き排尿する練習をしたのが功を奏したのか、本番では問題なくOK!練習の成果がありました、あはは_| ̄|○



汚い話になってしまい申し訳ありませんでした_| ̄|○


 来週は外来で診察を受け入院出来るかどうかの最終確認を行います。まあ問題なく出来ると思いますが・・・。
posted by しゃーきーどーぐ at 10:24| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 扁桃腺との壮絶な闘い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自治医大にうちの義姉さん働いてるから
狂の担当だったかもね^−^b
Posted by JUN at 2006年01月06日 20:25
そうか!採血の際、担当のおばちゃんにたくさん話しかけられたのはそのためですね(;´Д`)
Posted by しゃーきーどーぐ at 2006年01月07日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11381210

この記事へのトラックバック

血液検査は命を繋ぐ針と糸。
Excerpt: 午前中病院へ行ってきた。お正月休み明けという事もあり循環器外来は非常に混んでいた。病院はどこもそうだが、予約時間に診察が行われる事など皆無。1時間待たされ、5分診療。一番ひどかった病院は○応大学病院の..
Weblog: プールサイドの人魚姫
Tracked: 2006-01-07 16:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。